Illustrator CS6 でオブジェクトをアートボードに揃えるにはどうすればよいですか?

発行時間: 2022-09-24

クイックナビゲーション

Illustrator では、オブジェクトを選択して整列パネルを使用することで、オブジェクトをアートボードに整列させることができます。ツールパネルの配置ツールを使用することもできます。

右上: オブジェクトはアートボードの右上隅に配置されます。

左下: オブジェクトはアートボードの左下隅に配置されます。

右下: オブジェクトはアートボードの右下隅に配置されます。

  1. 整列させたいオブジェクトを選択します。整列パネルで、水平ボタン ( ) をクリックします。垂直ボタン ( ) で、次のオプションのいずれかを選択します。左上: オブジェクトはアートボードの左上隅に配置されます。
  2. [OK] をクリックして変更を適用し、[整列] パネルを閉じます。(元の整列のコピーを保持する場合は、手順で [オリジナルを保持] を選択します)。これらの方法を使用して、既存の整列を調整することもできます:(Illustrator CS6 のみ) )オブジェクトを軸に沿って上下に移動するには、オブジェクトを選択してから、次のいずれかのコマンドを使用します:(Illustrator CS6 のみ)中心点を中心にオブジェクトを回転するには、オブジェクトを選択してから、次のいずれかのコマンドを使用します:(Illustrator の場合) CS6 のみ)形状やサイズを変更せずにオブジェクトのサイズを変更するには、オブジェクトを選択してから、次のいずれかのコマンドを使用します。(Illustrator CS6 のみ)選択したすべてのオブジェクトを特定のベクトル パスに沿って再配置するには、[編集] > [パス] > [オフセット パス] と入力します。次に、オブジェクトを配置したいポイントをドラッグします。(Illustrator CC のみ)複数の選択項目に対して正確なオフセットを同時に作成する必要がある場合は、[オブジェクト] > [オフセット パスの作成] を使用してみてください。このコマンドは、ドキュメント内の既存の別のパスに基づく新しいオフセット パスを作成します。(Illustrator CC のみ) Illustrator CC でグループ化されたコンテンツを操作する場合、個々のグループ メンバーを所定の位置にスナップすると、各グループ メンバーを相対的に整列させることができる場合があります。その他。 Illustrator CS5 以前のみ)(Adobe Photoshop/Adobe After Effects の古いバージョンでは、このタスクは個々のシェイプ内のアンカー ポイントを編集することによって行われていました。

Illustrator CS6 でオブジェクトをアートボードに配置する最も簡単な方法は何ですか?

Illustrator CS6 でオブジェクトを整列する方法はいくつかあります。1 つの方法は、[オブジェクト] パネルの [整列] コマンドを使用することです。アートボード パネルの配置ツール、またはツール パネルの配置メニュー項目を使用することもできます。最後に、キーボード ショートカットを使用して、オブジェクトをすばやく整列させることができます。

[整列] コマンドを使用してオブジェクトを整列するには、オブジェクトを選択して [整列] ボタン ( ) をクリックします。 [整列] ダイアログ ボックスが表示されます。このダイアログ ボックスでは、アートボード上の他のオブジェクトを基準にしてオブジェクトを配置する方法を指定できます。オブジェクトを整列するときにプロポーションを維持するかどうかを指定することもできます。また、いくつかの整列オプションから選択することもできます。

アートボード パネルの整列ツールを使用してオブジェクトを整列するには、最初に整列するすべてのオブジェクトを選択します。次に、配置ボタン ( ) のいずれかをクリックすると、ツールバーが開き、4 つの配置オプション (左上、右上、左下、右下) が表示されます。自動的に位置合わせされた状態でオブジェクトを移動するには、Alt キー (Windows) または Option キー (Mac) を押したまま、配置したい場所にドラッグします。

最後に、コマンドを入力したり個別に選択したりせずに、複数のオブジェクトをすばやく整列させる必要がある場合は、キーボード ショートカットを使用できます。オブジェクトを中心点にすばやく配置するには、 Ctrl+Align Center を押します。オブジェクトを水平または垂直にすばやく整列するには、 Ctrl+Align Horizo​​ntal または Vertical を押します。

Illustrator CS6 でオブジェクトをアートボードにバッチ整列する方法はありますか?

Illustrator CS6 でオブジェクトをアートボードに一括配置する方法はありますが、思ったほど簡単ではありません。このタスクに取り組む最善の方法は、整列ツールを使用してから、メニュー バーから [アートボード] オプションを選択することです。キーボード ショートカットの ALT + A (PC) または CTRL + A (Mac) を使用することもできます。アートボード オプションを選択したら、アートボードの左端または右端に整列するように、各オブジェクトをアートボードに配置する必要があります。オブジェクトが正しく配置されていない場合は、整列ツールの水平および垂直整列ボタンを使用して修正できます。最後に、各オブジェクトをクリックして配置設定を適用し、ドキュメントを保存できます。

オブジェクトが Illustrator CS6 のアートボードに正しく配置されていることを確認するにはどうすればよいですか?

Illustrator CS6 でオブジェクトを整列する方法はいくつかあります。整列パネルを使用するか、オブジェクトを別のオブジェクトの上にドラッグしたときに表示される整列ハンドルを使用できます。

選択したオブジェクトの [プロパティ] パネルの [整列] オプションを使用することもできます。オプションには、上、左、右、下、中央があります。

最後に、整列ツール (A) を使用して、オブジェクトをパスまたは形状に整列させることができます。整列ツールを選択すると、オプション バーに 3 つの整列ボタン (左上、右上、左下) が表示されます。

Illustrator CS6 でオブジェクトを選択すると、整列オプションが表示されないのはなぜですか?

この問題の原因となることがいくつかあります。

-Illustrator CS6 でオブジェクトを選択している場合は、オブジェクト ツールがアクティブで、整列パネルが開いていることを確認します。

- CS6 より前のバージョンの Illustrator を使用している場合、オブジェクトを選択したときに配置オプションを使用できない場合があります。そのような場合は、他のツールを使用してオブジェクトを整列する必要があります (整列パレットやルーラーなど)。

-もう 1 つの可能性は、コンピューターが Illustrator の複雑な位置合わせ機能を処理するのに十分な能力を備えていないことです。お使いのコンピューターが Illustrator の要求に追いつくのに苦労している場合は、より強力なマシンへのアップグレードを検討してください。

Illustrator CS6 の「アートボードに合わせる」と「選択範囲に合わせる」の違いは何ですか?

Illustrator CS6 では、「アートボードに合わせる」と「選択範囲に合わせる」に違いがあります。

アートボードに整列を使用すると、オブジェクトをアートボードの境界に整列させることができ、選択に整列を使用すると、オブジェクトを選択範囲の境界に整列させることができます。

どちらのオプションにもそれぞれ長所と短所があるため、プロジェクトに最適な方法を知ることが重要です。

使用する整列方法を選択するためのヒントを次に示します。

アートボードに整列を使用する場合は、すべてのオブジェクトが境界内に収まるように、アートボードが十分な大きさであることを確認してください。アートボードが小さすぎると、オブジェクトとアートボードの境界線の間に不要な隙間ができてしまうことがあります。さらに、1 つのアートボードに複数のオブジェクトを配置しようとしている場合は、オブジェクトが互いに重ならないように、各オブジェクトの周囲に十分な余白を選択してください。

個々のオブジェクトではなく選択範囲で作業している場合は、オブジェクトを整列させたい領域を選択することから始めるのが最も簡単です (通常、これはレイヤー全体またはレイヤーのグループになります)。領域を選択したら、[整列] ボタン ([プロパティ] パネル内) をクリックし、ドロップダウン メニューから [アートボードに整列] または [選択範囲に整列] を選択します。

アートボードに整列を使用する場合、隣接するオブジェクト間のオーバーラップ領域は 1 つの大きなブロブにマージされることに注意してください。アートワークに複雑な形状やテクスチャが含まれている場合、予期しない結果になる可能性があります。逆に、[AlIND To Selection] を使用すると、重なっている領域は分離したままになります。ただし、アートワークに細かいディテールが多数含まれている場合は、配置の問題がさらに複雑になる可能性があります。

最後に、どちらのオプションでも、個々のオブジェクトのコーナーをアートボードの境界 (または選択境界) の両側にある対応するグリッド ポイントに直接ドラッグすることで、配置設定を微調整できることに注意してください。これは、オブジェクトを中心から少しずらして移動する必要があるが、周囲のすべての要素を手動で再調整したくない場合に役立ちます。

Illustrator CS6 で一度に複数のオブジェクトに対して「アートボードに合わせる」コマンドを使用できますか?

はい。Illustrator CS6 では、一度に複数のオブジェクトに対して「アートボードに合わせる」コマンドを使用できます。ただし、選択したグループ内のすべてのオブジェクトを一緒に整列させたい場合は、[アートボードに整列] コマンドのコンテキスト メニューの [グループ] オプションを使用する必要があります。

Illustrator CS6 で [アートボードに合わせる] と [選択範囲に合わせる] はいつ使用する必要がありますか?

Illustrator でアートワークを操作する場合、オブジェクトをアートボードに整列させる主な方法として、「アートボードに整列」と「選択範囲に整列」の 2 つがあります。

すべての要素がアートボード上の同じスペース内で整列されたままになるため、アートボードに整列は通常、より大きなアートワークに推奨されます。これは、複数のページや画面でデザインの一貫性を維持する必要がある場合に役立ちます。

一方、[選択範囲に合わせる] は、個々の要素間の位置合わせがそれほど重要ではない小さなアートワークに適しています。この方法では、特定の要素を選択してから、アートボードに相対的な位置にドラッグできます。そのため、このアプローチは、正確さが重要な詳細なイラストやロゴの作成に適しています。

どちらの方法にも独自の利点と欠点があるため、最終的には設計で何を達成しようとしているかによって異なります。

Illustrator CS6 に配置コマンドのキーボード ショートカットはありますか?

位置合わせコマンドのキーボード ショートカットは、オペレーティング システムと Illustrator のバージョンによって異なる場合があるため、この質問に対する万能の答えはありません。

オブジェクトをアートボードに整列させた後、再整列せずにオブジェクトを元に戻すことはできますか?

はい、再度位置合わせしなくても、オブジェクトを元の位置に戻すことができます。これを行うには、まずオブジェクトを選択してから、キーボードの矢印キーを使用して目的の場所に移動します。オブジェクトを移動したら、Esc を押して整列モードに戻ります。

illustrator cs6> でオブジェクトが配置されているアートボードを回転またはサイズ変更しても、オブジェクトは整列したままになりますか?

はい、Illustrator cs6 でオブジェクトが配置されているアートボードを回転またはサイズ変更しても、オブジェクトは整列したままになります。ただし、意図しない損傷を引き起こす恐れがあるため、アートワークに変更を加える前に、プロジェクトのデザイナーまたは監督者に確認することをお勧めします。

ドキュメントに複数のページがある場合でも、配置オプションは正しく機能しますか?

はい、ドキュメントが複数のページにまたがっている場合でも、配置オプションは正しく機能します。

オブジェクトをアートボードの外側に配置しようとするとどうなりますか? オブジェクトは所定の位置にスナップしますか?

オブジェクトをアートボードの外側に配置しようとすると、所定の位置にスナップされます。後でオブジェクトをアートボード内に戻したい場合は、Illustrator CS6 の配置ツールを使用できます。