iPhone 12 が暗くなるのを止めるにはどうすればよいですか?

発行時間: 2022-11-22

iPhone 12 が暗くなるのを防ぐ方法はいくつかあります。1 つの方法は、デバイスの明るさの設定を調整することです。もう 1 つの方法は、デバイスの自動輝度をオフにすることです。さらに、iPhone 12 の省電力モードを無効にすることもできます。最後に、サードパーティのアプリを使用してデバイスの明るさレベルを管理することもできます.

iPhone 12の画面を明るく保つにはどうすればよいですか?

iPhone 12の画面を明るく保つ方法はいくつかあります。ディスプレイの明るさを調整したり、自動明るさをオフにしたり、スクリーン プロテクターを使用したりできます。

  1. ディスプレイの明るさを調整する: ディスプレイの明るさを調整するには、[設定] を開き、[ディスプレイと明るさ] を選択します。[明るさ] の下で、バーをスライドして、画面に表示される光の量を変更できます。
  2. 自動輝度をオフにする: 自動輝度をオフにするには、[設定] を開き、[一般] -> [アクセシビリティ] -> [自動輝度] を選択します。バーをスライドしてオフにします。
  3. スクリーンプロテクターを使用する: iPhone 12 の画面をできるだけ明るく保ちたい場合は、スクリーンプロテクターを使用できます。スクリーン プロテクターは、目に届く光の一部を遮断します。これにより、暗い環境で見やすくなり、まぶしさが軽減されます。

iPhone 12 の画面が暗くなるのはなぜですか?

iPhone 12 の画面が暗くなる理由はいくつかあります。可能性の 1 つは、バッテリーの残量が少なくなり、画面を常にオンにしておくのに十分な電力を供給できないことです。iPhone 12 をあまり使用していない場合は、エネルギーを節約するためにスタンバイ モードになることもあります。最後に、ブラインドやカーテンなど、画面に光が届かないようにするものがあると、画面も暗くなり始めます。バッテリーを充電する2) 携帯電話を使用していないときのエネルギー使用量を減らす3) 光が画面に届かないようにする障害物がないかどうかを確認する4) 古いモデルの iPhone に切り替えてみてくださいこれらの解決策のいずれも機能しない場合は、それが適切な時期である可能性がありますiPhone 12の買い替えを検討中。

iPhone 12 の画面が暗くなる原因は何ですか?

iPhone 12 の画面が暗くなる原因はいくつかあります。可能性の 1 つは、バッテリーの残量が少なくなり、その結果、電話が画面をオンにしておくための消費電力が少なくなっていることです。もう 1 つの可能性は、ほこりや破片など、光がディスプレイに到達するのを妨げているものがあることです。この問題が定期的に発生している場合は、いくつかの手順を実行して修正することをお勧めします。まず、布またはティッシュ ペーパーで携帯電話の画面の障害物を取り除きます。それでもうまくいかない場合は、iPhone 12 用の気密ケースまたはスクリーン プロテクターを購入してみてください。最後に、他のすべてが失敗してもiPhone 12の画面が暗くなり続ける場合は、修理または交換する時期かもしれません.

iPhone 12 が暗くなるのを防ぐ方法はありますか?

iPhone 12 の減光を止める最善の方法は、デバイスを取り巻く特定の状況によって異なる場合があるため、この質問に対する万能の答えはありません。ただし、次のようなヒントが役立つ場合があります。不要な機能やアプリをオフにしてバッテリーを節約する。緊急時に備えて、充電済みのバッテリーを手元に置いておきます。これらの解決策のいずれもうまくいかない場合は、この問題に特に対処する新しい iPhone 12 ケースまたはスキンを購入するオプションが常にあります。

iPhone 12 で明るさを調整するにはどうすればよいですか?

iPhone 12 で明るさが低下している場合は、明るさを調整するためにできることがいくつかあります。

まず、[設定] を開き、[ディスプレイと明るさ] に移動します。ここでは、ディスプレイの明るさを手動で調整したり、周囲の光に応じて自動的に調整される自動明るさに設定したりできます。それでも問題が解決しない場合は、Apple ロゴが画面に表示されるまで、ホーム ボタンとスリープ/スリープ解除ボタンの両方を約 10 秒間押し続けて、デバイスをリセットすることもできます。最後に、これらの解決策のいずれも機能しない場合は、新しいバッテリーまたは画面を交換する時期かもしれません.

iPhone12 が常に低輝度に設定されているように見えるのはなぜですか?

アプリを開いていない場合や通知が来ていない場合でも、iPhone12 が暗くなるのにはいくつかの理由が考えられます。デバイス。iPhone12 のバックライトが暗くなるのを防ぐための 4 つのヒントを次に示します。1) バッテリーの寿命を確認します。スマートフォンをあまり使用していないにもかかわらず、すぐに電源が切れる場合は、バッテリーに問題がある可能性があります。一晩充電してみるか、別のバッテリーがある場合は別のバッテリーを試してください。2) ディスプレイが正常に動作していることを確認します。画面を交換した後も問題が解決しない場合は、新しい画面、または電話とディスプレイ アセンブリ間の接続に問題がある可能性があります。3) デバイスの照明に問題があるかどうかをテストします。照明器具に問題があると、集中的に使用されていない場合でも、時間の経過とともにデバイスが暗くなることがあります。家のすべての照明をオフにしてみて、違いが生じるかどうかを確認してください4) すべてをリセットすると、このような問題が解決する場合があります。

iPhone12の画面が自動的に暗くならないようにすることはできますか?

iPhone 12 が自動的に暗くなるのを止める最善の方法は、デバイスを取り巻く特定の状況によって異なる場合があるため、この質問に対する万能の答えはありません。ただし、画面が暗くなるのを防ぐのに役立ついくつかのヒントは次のとおりです。

  1. iPhone に最新バージョンの iOS オペレーティング システムがインストールされていることを確認してください。ソフトウェアを更新すると、セキュリティの脆弱性から保護し、全体的なパフォーマンスを向上させることができます。
  2. iPhone 12 の画面がフェードインまたはフェードアウトしたり、夜間に非常に見づらくなったりする場合は、デバイスの明るさの設定を調整してみてください。これを行うには、設定アプリを開き、[一般] -> [明るさとコントラスト] -> [自動明るさ] に移動します。明るさのレベルを調整したら、画面の右下隅にある [OK] を押して変更を保存してください。
  3. 他のすべてが失敗しても、iPhone 12 の画面が徐々に暗くなっていく場合は、新しいモデルに完全に交換することを検討する時期かもしれません。これらの問題のいずれかを修正しても、時間の経過とともに携帯電話が暗くなるのを永久に防ぐという保証はありませんが、ディスプレイに定期的な問題が発生している場合は、すべて試してみる価値があります.