データウィンドウを保護するためにコンテンツの暗号化を無効にする方法10?

発行時間: 2022-06-24

コンピューター上のデータを暗号化すると、不正アクセスからデータを保護できますが、コンピューターを復元する必要がある場合や問題が発生した場合に、情報へのアクセスが困難になる可能性もあります。このガイドでは、データウィンドウ10.1を保護するためにコンテンツの暗号化を無効にする方法を示します。スタートメニューを開き、「設定」をクリックします。開いた設定ウィンドウで「プライバシー」をクリックします。3。[暗号化]で、[ストレージメディアの暗号化をオフにする]というオプションを選択します。4。[OK]をクリックして変更を保存し、[設定]ウィンドウを閉じます。5。変更を有効にするためにコンピュータを再起動します。-SDカードなどのリムーバブルドライブに暗号化されたファイルが保存されている場合は、これらの手順を続行する前にそれらを復号化する必要があります。-ファイルを復号化するには:1)リムーバブルを挿入します。コンピュータのUSBポートにドライブします2)ファイル名(たとえば、マイドキュメント)をダブルクリックします。3)ファイルがWindowsエクスプローラで開きます。-DropBoxやGoogleドライブなどのクラウドストレージサービスを使用している場合は、次の手順を実行する前に、必ず暗号化をオフにしてください。-特定のフォルダの暗号化をオフにするには:1)暗号化を無効にするフォルダの1つを右クリックし、[プロパティ]を選択します。2)[セキュリティ]タブを選択します。3)[暗号化]の横のチェックボックスをオフにします。内容4)[OK]をクリックして変更を保存し、[プロパティ]ウィンドウを閉じます5)暗号化を無効にする追加のフォルダーごとに手順2〜4を繰り返します6)コンピューターを再起動します7)暗号化されたファイルに最初に復号化せずにアクセスできるようになります8)この間の任意の時点でprサポートが必要な場合は、電話またはオンラインチャットでカスタマーサポートに連絡してください。)Windows 10は、ファイル履歴、BitLockerドライブ暗号化、データ保護マネージャー(DPM)など、ユーザーがデータを暗号化するためのいくつかの方法を提供します。それぞれに長所と短所があるため、ユーザーがニーズに最適な方法を決定する前に、使用可能なオプションを理解することが重要です(ファイル履歴には最近のファイルのコピーが保存されるため、必要に応じて復元できます)。ドライブ暗号化では、ファイルを開く前にパスワードが必要になるため、データを盗難や紛失から保護できますが、パスワードにアクセスできないユーザーが暗号化されたドライブ内に保存されているファイルにアクセスすることはできません(DPMを使用すると、ユーザーは作成時に暗号化するフォルダーを指定できます)新しいボリューム)各メソッドには独自の要件があります。たとえば、BitLockerではハードドライブが特定の仕様を満たしている必要がありますが、DPMはWindows10Professionalエディション以降のバージョンのWindows8/ 8.1 / 10 Enterpriseエディションでのみ機能します(使用するにはファイル履歴:1)[スタート]>[すべてのアプリ]>[ファイル履歴]をクリックしてファイル履歴を開きます2)[追加日]ドロップダウンリストから日付範囲を選択するか、矢印キーを使用します3)目的のiteを選択しますファイルリストからのミリ秒4)[比較して復元]ボタンをクリックします5)必要なパスワードを入力します6)復元が完了したら[閉じる]ボタンをクリックします7)BitLockerドライブ暗号化を使用するには:1aMicrosoftWebサイトから無料のソフトウェアをダウンロードしますb回復キーを作成しますcパスワードを入力しますd暗号化されたドライブを保存しますeターンビットロッカー機能オンfバックアップの完了後にUSBフラッシュドライブを削除しますg新しいデバイスを追加します(暗号化されたドライブは既に存在する必要があります):上記と同じ最初のステップh古いデバイスの名前を変更しますi新しいデバイスをフォーマットしますj新しいデバイスを追加します(暗号化されたディスクは存在しない必要があります):最初のステップ上記と同じkインデックスの再構築lビットロッカー機能をオフにします(DPMを使用するには:1aオンラインにしてDPMアカウントにサインアップしますbサインアップ後に提供される指示に従いますc保護されたボリュームを作成しますdボリュームを配置する場所を選択しますeパスワードを割り当てますf設定を確認します) (詳細な手順については、製品インストールパッケージ内のヘルプセクションを参照してください。)コンテンツの暗号化を無効にしても、既存のセキュリティ対策は削除されません。以前の保護はすべてplaに残ります。ユーザーが再度変更するまでce。

暗号化とは何ですか?

暗号化は、読み取り可能なデータを読み取り不可能な形式に変換するプロセスです。なぜ暗号化を使用するのですか?暗号化は、不正アクセスからデータを保護するだけでなく、データの紛失や盗難が発生した場合にデータを安全に保つのにも役立ちます。暗号化をオンにするにはどうすればよいですか?コンピューターで暗号化を有効にするには、次の手順に従います。

Windows10で暗号化を無効にする方法

  1. [スタート]メニューを開き、[設定]をクリックします。[システムとセキュリティ]をクリックし、[コンピュータの暗号化]をクリックします。目的のセキュリティレベルを選択します(推奨:完全)[OK]をクリックして暗号化の設定を完了します後で暗号化を無効にするには、手順4〜5を繰り返します。
  2. [スタート]メニューを開き、[設定]をクリックします。
  3. [システムとセキュリティ]をクリックします。
  4. [保護]で、[コンピューターの暗号化]をクリックします。
  5. 必要なセキュリティレベルを選択します(推奨:完全)[OK]をクリックして、暗号化の設定を完了します。

暗号化はどのように機能しますか?

暗号化は、読み取り可能なデータを読み取り不可能な形式に変換するプロセスです。これにより、データが不正アクセスから保護され、誰かが情報を解読するのが困難になります。Windows 10には、BitLockerドライブ暗号化やファイル履歴の使用など、データを暗号化するいくつかの方法が用意されています。

ドライブまたはファイルの暗号化を無効にするには:

  1. [スタート]メニューを開き、[BitLockerドライブ暗号化]を検索します。
  2. 結果リストで[BitLockerドライブ暗号化]をクリックします。
  3. [BitLockerドライブ暗号化]ウィンドウの右側にある[ドライブオプション]で、[暗号化をオフにする]をクリックします。
  4. [OK]をクリックして、このドライブの暗号化をオフにすることを確認します。アイコンをクリックし、プロパティウィンドウの下にある[暗号化をオフにする]をクリックして、個々のファイルの暗号化をオフにすることもできます。

暗号化の利点は何ですか?

Windows 10でコンテンツの暗号化を無効にする方法は?Windows 10コンピューターで暗号化を無効にする手順は何ですか?Windows 10コンピューターで暗号化を有効または無効にする方法は?コンピューターで暗号化を使用する利点は何ですか?Windows 10で暗号化を有効または無効にする方法は?暗号化は、不正アクセスからデータを保護するのに役立つセキュリティ機能です。暗号化を使用する場合、許可されたユーザーのみが情報にアクセスできます。暗号化は、データを表示する権限を持たない可能性のある他のユーザーによるデータへのアクセスからデータを保護することにより、プライバシーを保護するのにも役立ちます。開始するには、[スタート]メニューを開き、[設定]をクリックします。[設定]ウィンドウで、[セキュリティとプライバシー]をクリックします。3。[セキュリティとプライバシー]で、[このコンピューターのコンテンツを暗号化する]をクリックします(必要な場合)4。コンピューター上のすべてのファイルとフォルダーを暗号化する場合は、このオプションを選択して、[次へ:5]をクリックします。[ファイルまたはフォルダーの選択]ページで、暗号化するファイルとフォルダーを選択します(または、すべてを暗号化する場合は、[すべてのファイル]を選択します)。暗号化されたファイルまたはフォルダを作成するには、[ファイル名]フィールドに名前を入力し、Enterキーを押します。7。暗号化するファイルまたはフォルダーを追加するには、必要なすべてのファイルとフォルダーが選択プロセスに含まれるまで、これらの手順を繰り返します(または、すべてを暗号化する場合は、[すべてのファイル]を選択します)。[次へ:9]をクリックします。[暗号化プロセスの完了]ページで、選択内容を確認し、[完了:10]をクリックします。これらの手順を完了すると、以前は保護されていなかったファイルが、デバイスに安全に保存されているパスワードで保護されたキーで暗号化されます。Windows 10内の特定のファイルまたはフォルダーの暗号化を無効にする方法が必要な場合は、Windows10の個々のファイル/フォルダーの暗号化を無効にするにはどうすればよいですか?の記事を参照してください。

パスワード、クレジットカード番号などの個人データを操作するときに暗号化を使用することには多くの利点があります。デフォルトでは、Microsoftのオペレーティングシステム–Windows-10–は、「暗号化」と呼ばれる組み込みのセキュリティ機能を通じて不正アクセスに対する保護を提供しますが、この機能の制限が厳しすぎるため、特定の種類の暗号化を選択的にオフにしたい場合があります。他の重要なセキュリティ対策を有効のままにしておきます。

データを暗号化しないことのリスクは何ですか?

データを暗号化しないことに関連するいくつかのリスクがあります。1つ目は、データにアクセスできる人は誰でも、保護なしでデータを表示できる可能性があるということです。他の人がアクセスできるコンピューターまたはデバイスにデータが保存されている場合、データが暗号化されていても、そのデバイスにアクセスできれば、誰かがそのデータを表示できます。さらに、コンピュータまたはデバイスが悪意のあるユーザーの手に渡った場合、攻撃者がデータを復号化し、自分の目的に使用する可能性があります。最後に、データを暗号化しないと、将来的に法的な問題が発生する可能性もあります。法的な状況で証拠を提出する必要がある場合は、情報を保護するために暗号化が必要になる可能性があります。全体として、セキュリティと法的な理由の両方から、データを暗号化することが重要である理由はたくさんあります。

データが暗号化されているかどうかはどうすればわかりますか?

Windows 10コンピューターでコンテンツの暗号化を無効にするにはどうすればよいですか?Windows 10でデータを暗号化する方法暗号化ファイルシステム(EFS)は、パスワードでファイルを暗号化することでファイルを保護するのに役立つWindows10の機能です。インターネットに接続していないとき、またはファイルを他のユーザーから非公開にしたいときに、EFSを使用してファイルを保護できます。コンピューターの暗号化を無効にするには:1。[スタート]メニューを開き、[設定]をクリックします2。[システムとセキュリティ]をクリックします3。[セキュリティオプション]で、[ファイルとフォルダーの暗号化]をクリックします4。[ファイルとフォルダーの暗号化]ウィンドウの[データの保護]で、[暗号化しない]を選択します5。[OK]をクリックします6。暗号化を再度有効にするには、[使用可能な場合はこのフォルダーに暗号化を使用する]を選択します7。[OK]をクリックします8。暗号化されたファイルまたはフォルダーのパスワードを変更するには、ファイルエクスプローラーでファイルまたはフォルダーを開き、[パスワード]フィールドに新しいパスワードを入力します9。暗号化されたファイルまたはフォルダーを保護から削除するには、ファイルエクスプローラーを開いて削除します10。暗号化の操作が終了したら、Settings11を閉じます。(オプション)暗号化されたファイルと暗号化されていないファイルを追跡するには、「暗号化ファイルリスト」というテキストファイルに暗号化ファイルとフォルダーのリストを作成します。データを復号化するには:1。ファイルエクスプローラー2を開きます。暗号化されたファイルまたはフォルダを右クリックします3。プロパティ4を選択します。[全般]タブ5.で、[復号化]をクリックします6.、パスワードを入力します7.、復号化が完了するのを待ちます8.、変更を保存するように求められたら9.、復号化したファイルを目的の場所にコピー/移動します次のようにコマンドプロンプトを使用することもできます:1。 )[スタートメニュー]検索ボックスにcmdと入力します2。)コマンドプロンプトアイコンを右クリックします3.)[管理者として実行]を選択します4.)cd path to file5と入力します。)cryptsetup -cipher AES-256-CBC -keyfile keyfile6と入力します。) exitコマンドプロンプトの使用が終了したら、行末にexitコマンドを入力します。コンピュータで暗号化を無効にするためのサポートが必要な場合は、Microsoftサポート担当者(1-800-Microsoftsupport)に連絡してください。

コンテンツウィンドウの暗号化を無効にする10

Windows 10には、「暗号化ファイルシステム」(EFS)と呼ばれる機能が含まれています。 EFSは、データをディスクドライブに保存する前にパスワードで暗号化することにより、データを保護するのに役立ちます。欠点は、このプロセスにはある程度のユーザー操作が必要なことです。通常、Windows 10を最初にインストールすると、EFSは自動的に有効になりますが、必要に応じていつでもオフにできます。

データが暗号化されているかどうかはどうすればわかりますか?ファイルのいずれかが現在EFSによって保護されているかどうかを確認するには、いくつかの方法があります。•ファイルエクスプローラーで、暗号化されていないファイルを右クリックし、[プロパティ]を選択します。 [データの保護]が[暗号化しない]に設定されている場合(以下に示すように)、暗号化はまだ実行されていません。 •ドライブマネージャ内から、暗号化されていないパーティションを右クリックし、[プロパティ]を選択します。 [データの保護]が[暗号化しない]に設定されている場合(以下に示すように)、暗号化はまだ実行されていません。 •起動時に、セットアップ中のオプションの1つとして「暗号化ファイルシステム」が表示されるかどうかを確認します。 •WindowsUpdateを介して定期的に更新を確認します– EFSで利用可能な更新があるたびに、Microsoftはそれに関連する更新された手順を含めます。更新を確認するとEFSに関連する新機能(追加のセキュリティ対策など)が明らかになる場合がありますが、暗号化をオフにすることに関連する更新を具体的に確認すると、実際の変更が行われていなくても保護がオフになるため、機能しないことに注意してください。最後にオフになってから。

Windows 10で暗号化を有効にするにはどうすればよいですか?

Windows 10でデータを暗号化すると、ファイルや情報を詮索好きな目から守ることができます。データを暗号化するには、次の手順に従います:1。[スタート]メニューを開き、[設定]をクリックします2。[システムとセキュリティ]をクリックします3。[プライバシー]で、[ファイルとフォルダーの暗号化]をクリックします4。[暗号化の種類]リストで、[暗号化を使用してこのコンピューターに保存されているファイルとフォルダーを保護する]を選択します5。[OK]をクリックします6。パスワードの入力を求められたら、強力なパスワードを使用します7。暗号化設定を確認するには、[はい]をクリックします8。災害時に暗号化されたファイルまたはフォルダへのアクセスを復元する場合は、暗号化キーをバックアップします9。設定を閉じます10。コンピューターを再起動しますWindowsで暗号化を無効にするには10:1)[スタート]メニューを開き、[コントロールパネル]をクリックします2)[システムとセキュリティ]の下3)[プライバシー]の下4)[暗号化を使用してこのコンピューターに保存されているファイルとフォルダーを保護する]のチェックを外します5)[OK]をクリックします6)入力を求められたらパスワード、強力なパスワードを使用してください7)コントロールパネルを閉じます8)コンピュータを再起動しますWindows 10で暗号化を無効にしたり、災害時に暗号化されたファイルへのアクセスを復元したりするためのサポートが必要な場合は、Microsoftサポートに連絡してください。

-Windows 10で暗号化を有効にするにはどうすればよいですか?

-Windows 10でデータを暗号化すると、ファイルや情報を詮索好きな目から守ることができます

-データを暗号化するには、次の手順に従います。

-1] [スタート]メニューを開き、[設定]をクリックします

-2][システムとセキュリティ]をクリックします

-3] [プライバシー]で、[ファイルとフォルダーの暗号化]をクリックします

-4] [暗号化の種類]リストで、[暗号化を使用してこのPCに保存されているファイルとフォルダーを保護する]を選択します

-5][OK]をクリックします

-6]パスワードの入力を求められたら、強力なパスワードを使用してください。

[7]設定を確認する場合は、[はい]をクリックします。 [8]災害時に暗号化を無効にしたり、アクセスを復元したりするためのサポートが必要な場合は、Microsoftサポートに連絡してください。

Windows 10で暗号化を無効にするにはどうすればよいですか?

暗号化はWindows10のセキュリティ機能であり、許可されていないユーザーによるデータへのアクセスからデータを保護するのに役立ちます。コンピューターで暗号化を無効にするには、次の手順に従います:1。[スタート]メニューを開き、[設定]をクリックします2。[システムとセキュリティ]をクリックします3。[暗号化]で、[このデバイスの暗号化をオフにする]を選択して無効にします4。特定のファイルまたはフォルダーを暗号化する場合は、それらのアイテムを選択し、[このデバイスで暗号化をオフにする]をクリックして有効にします。[OK]をクリックして変更を保存し、[設定]ウィンドウを閉じます6。変更を有効にするためにコンピューターを再起動します。*注:暗号化を無効にしても、暗号化されたファイルやフォルダーは削除されません。暗号化を有効にしてファイルを保存または開くと、Windows10が自動的に暗号化するのを停止するだけです。*コンピューターで暗号化を無効にする方法についてサポートが必要な場合は、カスタマーサービスにお問い合わせください。* Windows10がデータを保護する方法の詳細については、 、MicrosoftのWebサイト(https://support.microsoft.com/en-us/help/4077229/)にアクセスしてください。

Windows10で暗号化を無効にする

Windows 10には、暗号化ファイルシステム(EFS)と呼ばれる強力な暗号化技術を使用して、不正アクセスからデータを保護するのに役立つセキュリティ機能が組み込まれています。 EFSを使用して、個々のファイルまたはフォルダーを暗号化して、パスワードやPINコード入力などの認証プロセスを通じてそれらにアクセスする権限を与えられた許可されたユーザーのみが読み取れるようにすることができます。

暗号化を使用するとパフォーマンスが低下しますか?

データを暗号化する場合、パフォーマンスに影響はありますか?

Windows 10には、データを保護するためのいくつかの方法があります。BitLockerドライブ暗号化の使用、Windows Defenderセキュリティセンターの使用、ファイル履歴機能の使用です。どちらの方法が最適かは、ニーズによって異なります。状況に応じて適切なオプションを選択するためのヒントをいくつか紹介します。

BitLockerドライブの暗号化

不正アクセスからデータを保護するだけでよい場合は、BitLockerドライブ暗号化が適しています。ドライブのロックを解除するにはハードウェアキー(別売り)が必要であり、フルディスク暗号化を提供します。これは、最初にロックを解除せずにドライブの読み取りまたは書き込みを行うことができるのはあなた以外の誰もいないことを意味します。

WindowsDefenderセキュリティセンター

Windows Defender Security Centerは、マルウェアやその他の脅威からコンピューターを保護するのに役立ちます。これには、マルウェア対策保護、ファイアウォール保護、スパイウェア対策保護などの機能が含まれています。また、許可されたユーザーのみがアクセスできるように、コンピューターをロックダウンするために使用することもできます。

ファイル履歴

ファイル履歴を使用すると、ファイルとフォルダを時系列でバックアップできるため、コンピュータに問題が発生した場合にそれらを復元できます。これは、重要なファイルに加えられた変更を追跡したい場合、または特定の日または期間に何が変更されたかを証明する必要がある場合に役立ちます。

特定のファイルまたはフォルダーのみを暗号化できますか?

はい。Windows 10の暗号化ファイルシステム(EFS)機能を使用して、コンピューター上の特定のファイルまたはフォルダーを暗号化できます。ファイルを暗号化するには、[ファイルエクスプローラー]ウィンドウを開き、暗号化するファイルを選択します。ファイルを右クリックして、表示されるメニューから[プロパティ]を選択します。[全般]タブの[セキュリティ]で、[詳細]をクリックします。[セキュリティの詳細設定]ダイアログボックスの[暗号化の種類]で、[EFSを使用してこのファイルを保護する]を選択します。[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じ、ファイルエクスプローラーに戻ります。暗号化されたファイルを選択し、もう一度右クリックして[プロパティ]ウィンドウを開きます。[セキュリティ]で、もう一度[詳細設定]をクリックし、[保護の種類]で、このフォルダーに対してのみEFSを選択します(内部のファイルに対しては選択しません)。 [OK]をクリックして両方のウィンドウを閉じ、選択したフォルダに暗号化が適用されていることを確認します。1つまたは複数のフォルダーの暗号化を無効にするには、これらの手順を繰り返しますが、[このフォルダーにはEFSを使用しない(内部のファイルには使用しない)]を選択します。

暗号化されたデータをバックアップするにはどうすればよいですか?

  1. Windows10デバイスで設定アプリを開きます。
  2. [セキュリティとプライバシー]で、[ファイルの暗号化]をクリックします。
  3. ボタンをクリックして、このフォルダまたはファイルの暗号化をオフにします。
  4. すべてのファイルを暗号化する場合は、ボタンをクリックしてこのフォルダーまたはファイルの暗号化をオンにし、パスワードを入力します(該当する場合)。
  5. [OK]をクリックして変更を保存し、設定アプリを閉じます。

暗号化パスワード/キーを忘れた場合はどうなりますか?

暗号化パスワードまたはキーを忘れた場合は、次の手順に従ってリセットできます。1。[スタート]メニューを開き、[暗号化ファイルシステム]を検索します2。結果リストで[暗号化ファイルシステム]をクリックして開きます。 3.3。左側のペインで、[詳細オプション4]をクリックします。ウィンドウの右側にある[このボリュームを保護するパスワード]で、暗号化パスワードまたはキーを入力し、[OK]をクリックします5。暗号化ファイルシステムを閉じて、コンピューターを再起動します6。

12暗号化ファイルシステムは、ランサムウェア攻撃からデータを保護しますか?

Windows 10には、ランサムウェア攻撃からデータを保護するのに役立つ機能が組み込まれています。Windows 10は、ファイルの内容を暗号化することにより、悪意のある攻撃者がデータを盗んだり破損したりすることをより困難にします。ただし、この機能は100%効果的ではなく、すべての種類のランサムウェア攻撃を防ぐことはできません。データのセキュリティが心配な場合は、ファイルごとに暗号化を無効にして、ランサムウェア攻撃からの保護を強化できます。

ファイルごとに暗号化を無効にするには:

暗号化を無効にしても、すでに暗号化されているファイルや、以前のセッションで暗号化を有効にして保存されたファイルには影響しません。ただし、後でWindows 10の組み込み機能を使用してファイルを再度暗号化することにした場合は、ファイルを元の場所に保存したり、他のユーザーと共有したりする前に、それらのファイルの暗号化を再度有効にする必要があります。

  1. ファイルエクスプローラーを開き、ファイルの暗号化を無効にするフォルダーに移動します。
  2. 変更するファイルを右クリックし、メニューオプションから[プロパティ]を選択します。
  3. [全般]タブの[セキュリティオプション]で、[コンテンツを暗号化してデータを保護する(推奨)]の横にあるドロップダウンボックスをクリックします。
  4. [この場所に保存するときにこのファイルの種類の暗号化を有効にする]の横にあるドロップダウンボックスから[なし]を選択します。
  5. [OK]をクリックして変更を保存し、ファイルエクスプローラーを閉じます。

13 BitLockerを無効にすると、ドライブからすべてのセキュリティが削除されますか?

BitLockerは、データを暗号化して、アクセスしたい人がデータにアクセスするのを困難にするセキュリティ機能です。BitLockerを無効にしても、ドライブからすべてのセキュリティが削除されるわけではありません。暗号化レイヤーを削除するだけです。セキュリティ対策を完全に削除したい場合は、ドライブを消去して再フォーマットする必要があります。

BitLockerは、ドライブごとに有効または無効にできます。BitLockerを有効にするには:1。Windowsエクスプローラーを開き、BitLocker保護を使用するドライブに移動します。 2.2。ドライブを右クリックし、表示されるメニューから[プロパティ]を選択します。 3.3。[セキュリティ]タブで、ウィンドウの左側にあるオプションの一覧から[BitLocker保護]をクリックします。 4.4。[暗号化]セクションで、[フルボリューム暗号化を使用する(推奨)]または[このドライブを再度暗号化する前にユーザーアクションを要求する]を選択します。 5.5。[OK]をクリックします。 6.6。Windows10または8/8Proからプロンプトが表示されたら、コンピューターを再起動します。 7。