MDM プロファイルとは何ですか?

発行時間: 2022-09-24

MDM プロファイルは、組織がモバイル デバイス管理 (MDM) ソリューションを集中管理する方法です。MDM プロファイルは、管理者が単一のインターフェイスを使用して組織内のすべてのデバイスの設定と機能を制御する簡単な方法を提供します.MDM プロファイルは、管理者が組織内のデバイスを管理するために使用できるポリシー、構成、および設定のコレクションです。 .各 MDM プロファイルは、デバイスまたはユーザーの種類ごとに異なる設定を持つことができます。管理者は、組織のニーズに基づいてカスタム プロファイルを作成できます。MDM プロファイルを作成または編集するときは、プロファイルで管理するデバイスと、それらのデバイスで使用する設定を指定します。また、各デバイスの電源が切られた後、または所有権が変更された後、各デバイスが現在の設定で構成される期間を指定することもできます。MDM プロファイルは、組織の中央リポジトリに保存されるため、管理者はインターネットにアクセスできる任意のコンピューターからアクセスできます。これにより、モバイル デバイス全体を 1 か所から簡単に管理できます。MDM を使用する利点は何ですか?MDM を使用することには多くの利点があります。1) 集中管理 - MDM を使用すると、管理者は中央の場所からすべてのデバイスを制御できるため、モバイル デバイスの管理がこれまでになく簡単になります2) カスタマイズ可能なプロファイル - 組織のニーズに基づいてカスタム プロファイルを作成できます3)デバイス保持ポリシー -スイッチをオフにした後、デバイスが最新の設定で構成されている期間に制限を設定できます4) セキュリティ機能 -MDM は、パスワード保護や暗号化などの強化されたセキュリティ機能を提供します5) ユーザー エクスペリエンスの向上 -管理デバイス モードを有効にすると、ユーザーはより高速な起動を体験できますバッテリ寿命の向上6) サポート コストの削減 -MDM を使用すると、必要なサポート コールの回数が減るため、費用を節約できます7) 生産性の向上 -管理対象デバイス モードを有効にすると、従業員はターゲット デバイスへのアクセスを必要としないタスクに費やす時間を短縮できます8 ) ROI の向上 -生産性の向上mdm de に関連するサポート コストの削減MDM プロファイルを作成するにはどうすればよいですか?mdmprofile を作成するには:1)。企業の Web ポータルにログインします2)。[システム設定] をクリックします3)。[モバイル デバイス管理ポリシー] で、[新規] をクリックします 4)。[名前] に、新しいポリシーの名前を入力します5)。[説明] に、新しいポリシーの説明を入力します6)。[ポリシー タイプ] で、[管理対象デバイス モード] を選択します。7)。[Conditions] タブの [When Enabled] チェック ボックスで、[Always Enable .8] を選択します。[アクション] タブの [既定のアクション] で、[ホーム画面に追加] を選択します9)。[プロファイル] タブで [追加] をクリックします 10 )。[プロファイル名] に、新しいプロファイルの名前を入力します11)。ディレクトリからデバイスを選択し、ディレクトリからユーザーを選択します 12 )。[OK] をクリックします13 )。新しいポリシーが作成されました!既存の MdmProfile を編集するにはどうすればよいですか?既存の mdmprofile を編集するには:1)。企業の Web ポータルにログインします2)。[システム設定] をクリックします3)。[モバイル デバイス管理ポリシー] で、[新規] をクリックします 4)。[名前] に、既存のポリシーの新しい名前を入力します5)。[説明] に、既存のポリシーの新しい説明を入力します6}。[ポリシー タイプ] で [ManagedDevice Mode] を選択します 7 )。[Conditions] タブのチェックボックスで、[When Enabled] を選択します 8 )。[アクション] タブのチェックボックスで [編集] を選択します 9 . [プロファイル] タブで [追加] をクリックします 10 . [プロファイル名] に既存のプロファイルの名前を入力します 11 . [ディレクトリからデバイスを選択] および [ディレクトリからユーザーを選択] 12 . [OK] をクリックします 13 .mdmprofile を無効/有効にするにはどうすればよいですか?mdm プロファイルを無効/有効にするには: 1).「無効」とは、このポリシーがこの組織内のデバイスを管理しなくなることを意味します。anmdmpolicy のパスワードを変更するには:1)。

MDM プロファイルでできること

MDM プロファイルは、使用する MDM ソフトウェアと設定に応じて、さまざまなことを行うことができます。

MDM プロファイルを作成するにはどうすればよいですか?

MDM プロファイルの作成は、2 段階のプロセスです。まず、ユーザーが使用する設定と構成を含む展開パッケージを作成する必要があります。次に、組織内の各ユーザーの MDM プロファイルを作成する必要があります。

展開パッケージを作成するには、まず Microsoft Deployment Toolkit (MDT) 2013 Update 2 以降を起動します。[展開ワークベンチ] ウィンドウで [展開] を展開し、展開パッケージ テンプレート (.mdeppkg) を選択します。展開パッケージの [プロパティ] ダイアログ ボックスの [全般] タブで、[プロファイル設定] をクリックします。[プロファイル設定] ダイアログ ボックスの [プロファイル名] に、MDM プロファイルの名前を入力します。[ユーザー アカウントとグループ] で、[プロファイルにユーザーまたはグループを追加] をクリックし、このプロファイルにアクセスできるユーザーまたはグループを追加します。[OK] を 2 回クリックして、両方のダイアログ ボックスを閉じます。

ユーザーの MDM プロファイルを作成するには、[展開ワークベンチ] ウィンドウの [ユーザー] ノードで、そのユーザーを右クリックし、ショートカット メニューから [新しいプロファイル] を選択します。新しいプロファイル ウィザード (図 1 を参照) で、新しい MDM プロファイルの名前を入力し、既定で有効にするか無効にするか (有効) を指定します。アプリケーション管理ポリシー (AMP) を使用して、このプロファイルで展開するアプリケーションを指定することもできます。最後に、Device Enrollment Policy Manager (DEPMANAGER) を使用して Windows 10 デバイスを展開するときに、このユーザーが使用する設定と構成を指定します。

図 1: 新しいプロファイル ウィザード

プロファイルとパッケージを作成したら、それらの構成を開始する準備が整いました!MDT 2013 Update 2 以降でプロファイルとパッケージを構成する方法の詳細については、「Configure Profiles And Packages Using Microsoft Deployment Toolkit 2013 Update 2」(Jason Howard 他著、Microsoft Press 発行、http://aka.ms/mdtp2book) を参照してください。 .

MDM プロファイルをインストールするにはどうすればよいですか?

MDM プロファイルをインストールするには、まずアプリケーションのディレクトリのルートに「mdm.properties」というファイルを作成する必要があります。このファイルには、次の情報が含まれている必要があります。

name=マイアプリ名

キーストア=C:UsersAppDataLocalTempMyAppKeyStore.jks

certificateFile=C:UsersAppDataLocalTempMyAppCertificate.p12

このファイルを作成したら、Java Management Extensions (JMX) ツールを使用して MDM サーバーを起動し、そのサーバーをクライアントとして使用してアプリケーションをデプロイできます。JMX ツールは、Oracle Enterprise Manager Ops Center や Microsoft System Center Configuration Manager 2007 R2 Operations Manager など、ほとんどの管理フレームワークの一部として利用できます。

MDM プロファイルを削除するにはどうすればよいですか?

MDM プロファイルを削除するには、次の手順に従います。

  1. デバイスで設定アプリを開きます。
  2. 一般をタップします。
  3. [プロファイル] をタップします。
  4. 削除するプロファイルをタップし、[プロファイルを削除] をタップします。

MDM プロファイルを使用する利点は何ですか?

MDM プロファイルは、モバイル デバイスの設定を一元的に管理および制御する方法です。これにより、デバイスを安全に整理し、組織のポリシーに準拠させることができます。MDM プロファイルを使用する利点の一部を次に示します。

Mdm プロファイルを使用する利点

MDM は、ユーザーと管理者の両方に同様に多くの利点を提供するため、ニーズに最も適したものを選択することが重要です。」

  1. セキュリティ: MDM プロファイルは、不正なアクセスや使用からデバイスを保護するのに役立ちます。コンプライアンス: MDM プロファイルは、デバイスが組織のポリシーと標準に準拠していることを確認するのに役立ちます。整理: MDM プロファイルを使用してデバイス設定を管理すると、デバイスを整理して使いやすくすることができます。効率性: MDM プロファイルを使用すると、特定のデバイス設定を自動化したり、1 つの場所から複数のデバイスを管理したりできるため、時間を節約できます 柔軟性: MDM プロファイルを使用してデバイス設定をカスタマイズすると、各デバイスの固有の機能を活用できますMDM プロファイルを使用すると、モバイル デバイスの所有コストを削減できます 生産性の向上: 複数のデバイス間で一貫したデバイス設定を使用すると、生産性が向上します カスタマー サービス エクスペリエンスの向上: すべてのユーザーが同じ既定の設定を使用できるようにすることで、カスタマー サービス エクスペリエンスが向上します。お使いのデバイスについてより多くの情報を利用できます: 各デバイスで何が起こっているかをより詳しく知ることで、より良いサポートを提供できます。ユーザーと管理者の両方にとって使いやすい MDM は、ユーザーと管理者の両方に多くの利点を提供するため、ニーズに最も適したものを選択することが重要です。」
  2. セキュリティ - デバイスのセキュリティ設定を一元管理することで、モバイル デバイスでの不正アクセスや使用の問題が発生する可能性が低くなります。 - さらに、デバイスの種類 (スマートフォン、タブレットなど) ごとに特定のポリシーを設定することで、常に企業の標準に沿って動作していることを確認できます.- 必要に応じて、デバイス上の特定の機能やアプリケーションが会社の要件を満たしていない場合は、それらを完全に無効にすることもできます.デバイスのアクティビティを制御しています。」
  3. コンプライアンス - 組織内のすべてのデバイスが会社のポリシーと標準に準拠していることを確認することにより、Web ページで使用されるフォントやデータ ストレージの制限に関するものであっても、顧客との関係を強化し、統一されたイメージを一般に公開するのに役立ちます.-ポリシーと標準に加えて、企業と顧客の間の関係は、モバイル アプリケーションとサポート資料によるブランドまたはその他の商業的利益の促進に関与する可能性があります。
  4. 組織- mdm プロファイルを使用してデバイス設定を管理すると、デバイスを整理し、組織内のすべてのユーザーが簡単に使用できるように保つことができます。デバイスには、ファイルを開く、電話をかけるなどの一般的なタスクのデフォルトの設定が既に構成されています.
  5. 効率 - バッテリー寿命を節約するためにスマートフォンの GPS 位置追跡をオフにするなど、以前は使用が困難であった特定のデバイス設定を自動化することにより、- amdm プロファイルを使用すると、これらのアクションの実行に必要な時間を短縮し、組織内のワークフローの効率を全体的に向上させることができます。

MDM プロファイルの使用に関連するリスクはありますか?

MDM プロファイルの使用には、いくつかのリスクが伴います。最も一般的なリスクは、デバイスが盗難または紛失した場合にユーザーのデータが侵害される可能性があることです。もう 1 つのリスクは、MDM プロファイルにアクセスできる人物がユーザーのデータにアクセスできることです。最後に、MDM プロファイルが適切に構成されていないと、デバイスのパフォーマンスが低下する可能性もあります。全体として、MDM プロファイルの使用に関連するリスクはいくつかありますが、全体としては比較的リスクの低いアクティビティです。

MDM プロファイルを使用すると、デバイスのパフォーマンスにどのような影響がありますか?

MDM プロファイルは、企業レベルでデバイスとアプリケーションを管理するように設計されています。実行を許可するアプリを制御したり、特定の機能へのアクセスを制限したり、機能を完全に無効にしたりすることで、デバイスのパフォーマンスに影響を与える可能性があります。MDM プロファイルは、デバイスの管理と全体的なパフォーマンスの向上に役立ちますが、最初に特定のデバイスでテストすることなく使用しないでください。MDM プロファイルがパフォーマンスの問題を引き起こしているかどうか不明な場合は、管理者またはデバイスの製造元に相談することをお勧めします。

デバイスで複数の MDM プロファイルを使用できますか?

はい、デバイスで複数の MDM プロファイルを使用できます。ただし、各プロファイルには独自の設定と権限のセットが必要です。プロファイル間で設定や権限を共有することはできません。

myMDMprofile を紛失するとどうなりますか?

MDM プロファイルを紛失した場合は、新しいプロファイルを作成する必要があります。これを行うには、MDM アカウントにログインし、[マイ プロファイル] タブをクリックします。ここから、「Create New Profile」ボタンを選択できます。新しいプロファイルを作成したら、古いプロファイルと同じ情報を入力する必要があります。最後に、「プロファイルを保存」ボタンをクリックする必要があります。

myMDMprofile はどのくらいの頻度で更新する必要がありますか?

MDMprofile は、少なくとも月に 1 回更新する必要があります。MDM プロファイルは、デバイスとアプリケーションの使用状況、およびデバイスのポリシー設定を追跡するために使用されます。この情報は、組織のセキュリティ体制と規制への準拠を改善するのに役立ちます。さらに、MDM プロファイルを更新すると、プロファイルが最後に更新された後に発見された可能性のある問題を修正できます。

MD M プロファイルの使用に関して他に知っておくべきことはありますか?

MDM プロファイルは、MDM 設定の管理を自動化する優れた方法です。MDM プロファイルを使用する際に留意すべきその他の事項を次に示します。

  1. MDM プロファイルを使用して、デバイス設定、アプリ設定、およびユーザー設定を保存および管理できます。
  2. MDM プロファイルを使用して、組織の MDM ソリューションに登録されているデバイスのセキュリティ ポリシーを構成できます。
  3. MDM プロファイルを使用して、組織の MDM ソリューションに登録されているデバイスにアプリケーションと更新プログラムを展開できます。
  4. MDM プロファイルを使用して、組織の MDM ソリューションに登録されているデバイスのバックアップおよび復元オプションを構成できます。

13,M DM プロファイルに問題がある場合、どこでサポートを受けることができますか?

M DMprofile に問題がある場合、最初にヘルプを探す場所は、プロファイルに付属のドキュメントです。これで質問の答えが得られない場合、またはドキュメントに記載されている以上のヘルプが必要な場合は、カスタマー サポートにお問い合わせください。

これらのオプションを試しても問題が解決しない場合、または何か問題が発生してプロファイルが正しく機能しなくなった場合は、バグ レポートを提出できます。これは、ソフトウェアの問題を追跡して修正するのに役立ちます。