Linuxで隠しファイルを一覧表示するコマンドは何ですか?

発行時間: 2022-06-24

Linuxで隠しファイルを一覧表示するコマンドは次のとおりです。

ls -a

隠しファイル:隠しファイル:隠しファイル:隠しファイル:隠しファイル:隠しファイル:隠しファイル:隠しファイル:隠しファイル:隠しファイル:隠しファイル:隠しファイル

.gitignore

.svnignore

構成

〜/ .bash_profile

〜/ .bashrc

〜/ .config / autostart/chromium-browser。

Linuxで一部のファイルが隠されているのはなぜですか?

一部のファイルがLinuxで非表示になる理由はいくつかあります。たとえば、ファイルが機密または非公開の場合、すべての人に見られたくない場合があります。または、ファイルがシステム構成またはインストールスクリプトの一部である場合、他の人が誤ってファイルを変更してほしくない場合があります。最後に、ファイルは一時的または実験的なものであり、不要なファイルでファイルシステムを乱雑にしたくないために非表示になることがあります。

現在非表示になっているシステム上のすべてのファイルを表示するには、「ls-a」コマンドを使用します。

$ls-合計12drwxr-xr-x2 root root 4096 Feb 26 21:0

このコマンドの出力は、合計12個のファイル(現在のディレクトリを含む)があり、それぞれが「root」(システム管理者)または「user1」(通常のユーザー)のいずれかによって所有されていることを示しています。出力の最初の列には、各ファイルの名前がリストされています。 2番目の列は、そのファイルが現在非表示になっているかどうかを示します。 3番目の列は、最後に変更されたのはどのくらい前かを示しています。

ファイルを再表示するには、次のように「ls-ah」コマンドを使用します。

$ ls-ah合計12drwxr-xr-x2ルートルート40962月26日21:0

今回は、「。config」という1つのファイルのみが変更されました。これにより、アクセス許可マスクが更新されました(075ではなく0644)。

  1. drwxr-xr-x 2 root root 4096 Feb 26 21:0。 -rw-------1ルートルート16384Feb26 20:5bash_history -rw -------1ルートルート81922月26日20:5config drwx ------ 3 admin admin 4096 Mar 4 08 :./../ etc / resolv.conf drwx ------ 3 admin admin 4096 Mar 4 08:./../ lib64 / librt drwx ------ 3 admin admin 4096 Mar408:。 /../lib64/misc drwx ------ 3 admin admin 4096 Mar 4 08:./../ usr -rw ------- 1 user1 user1 512 Apr 5 18:12 configfile $
  2. drwxr-xr-x 2 root root 4096 Feb 26 21:0。 -rw ------- 1 Root Root 16384 Feb 26 20:5bash_history -rw -------1 Root Root 8192 Feb 26 20:5config drwx ------ 3 Admin Admin 4096 Mar 4 08 :./../etc/resolv.conf drwx ------ 3 Admin Admin 4096 Mar 4 08:./../ lib64 / librtdrwx ------ 3 Admin Admin 4096 Mar 4 08:./ ../lib64miscdrwx ------ 3 Admin Admin 4096 Mar 4 08:./。usr --rw ------- 1 User1 User1 512 Apr 5 18:12 configfile $
  3. 。この例からわかるように、「ls –ah」を使用してファイルを再表示すると、相対パス(「cd」など)を使用する将来のコマンドのために、以前の場所が引き続き記憶されます。

Linuxでファイルを非表示にする目的は何ですか?

Linuxでファイルを非表示にする必要があるのはいつですか?Linuxでファイルを非表示にする方法は?Linuxでファイルを非表示にする利点は何ですか?Linuxでファイルを再表示する方法は?

コンピューターでファイルマネージャーまたはエクスプローラーを使用すると、システム上のすべてのファイルとフォルダーを簡単に表示してアクセスできることがよくあります。ただし、特定のファイルを非表示にしておきたい場合があります。たとえば、機密プロジェクトに取り組んでいて、自分が何に取り組んでいるのかを他の人に知られたくない場合は、ファイルマネージャーまたはエクスプローラーを使用してファイルを非表示にできます。

ファイルを非表示にする理由はいくつかあります。たぶん、あなたは他の人があなたの許可なしにファイルにアクセスできるようにしたくないでしょう。または、作業中に誰かが誤ってファイルを削除してしまうのではないかと心配しているかもしれません。いずれにせよ、ファイルを隠すことは、詮索好きな目からファイルを保護する簡単な方法です。

Linuxでファイルを非表示にするには、最初にターミナルウィンドウを開き(Ctrl + Alt + Tを押して)、sudo nano / etc/fstabと入力します。これにより、ファイルシステムの構成ファイル(この場合は/ etc / fstab)が開きます。次に、次のような行を見つけます、その後、その特定のに設定する必要があるオプションを一覧表示します。この例では、2つのオプションを変更する必要があります。1つはドキュメントフォルダー(/ home / username / Documents)用で、もう1つはソースコードフォルダー(/ home / username /)用です。

Nautilusで隠しファイルを表示するにはどうすればよいですか?

Nautilusで隠しファイルを表示するには、ファイルマネージャーを開き、メニューバーから[ファイル]を選択します。次に、[隠しファイルを表示する]を選択します。「nautilus-h」と入力して、このコマンドのヘルプテキストを表示することもできます。

lsコマンドを使用して隠しファイルを表示するにはどうすればよいですか?

Linuxで隠しファイルを表示するには、-aオプションを指定してlsコマンドを使用します。これにより、隠しファイルを含む、システム上のすべてのファイルとディレクトリが一覧表示されます。非表示になっている特定の種類のファイルを表示するには、-Hオプションを使用して、表示するファイルの種類を指定します。たとえば、システム上のすべての.gitignoreファイルを表示するには、ls-A.gitignoreを使用します。

lsの-aオプションは何をしますか?

lsの-aオプションは、隠しファイルを含むすべてのファイルとディレクトリを表示します。非表示のファイルのみを表示するには、-hオプションを使用します。

UbuntuシステムのGUIツールを使用して、非表示のファイルを含むすべてのファイルを表示するにはどうすればよいですか?

Ubuntuシステムで非表示のファイルを含むすべてのファイルを表示するために使用できるGUIツールがいくつかあります。そのようなツールの1つがファイルマネージャーです。ファイルマネージャにアクセスするには、[アプリケーション]メニューをクリックして[ファイルマネージャ]を選択します。ファイルマネージャが開いたら、[ホーム]タブをクリックし、[ファイル]ボタンをクリックします。これにより、システム上のすべてのファイルとフォルダーが表示されます。システム上のすべての隠しファイルを表示するには、ウィンドウの[ファイル]セクションにある[隠しファイル]チェックボックスをオンにして、[OK]をクリックします。